HUB

force_r_small

FORCE rear HUB

特徴: 〈リア〉 ・高剛性&MICRO DRIVER COG 9Tを装着可能としたFGFS FIXED GEAR HUB。 9-14t標準で選択が可能、15t~はオプションにて作製可能。 ・HUBシェル 4pc、コグ 2 […]
force_F_small

FORCE front HUB

特徴: 〈フロント〉 ・高剛性を可能としたfront HUB。 ・4pc シールドベアリングを採用。 ・シャフトは、シャフト・ボルトタイプが選択可能。(3/8,Axle or Axle Bolt) ・ホール数も32,36 […]
yso_sml

"YSO" signature model

“YSO“signature model!! FORCE hubをべースに、Fish & Chips the don”YSO”のイメージカラーである ”赤”を採用し […]
rinng force hub

FORCE HUB

基本構造
高負荷に耐えうるFixed Gear HUBをコンセプトに設計したFORCE HUb。

旋盤にて、ほぼ全てのパーツを削り出すことで、同一芯での回転が可能になり、なめらかでスムーズな回転が体感でき、また、一つの金属の塊より削りだすことによる、素材のムラが少なく、強度の向上が実現できました。
基本動定格荷重 375kgfシールドベアリング4つ、コグ内部に212kgfダブル、計6ケ(※リア)を使い、フランジの内・外側にバランス良くベアリングを配置することで、従来のHUBとは異なる高剛性安定感スムーズな回転が実現できました。
この様なベアリングの配置をすることで横・斜めの負荷もベアリング1ケ(単体)で受けずに複数のベアリングに分散されて負荷を受けるので、衝撃の多いトリック時にも安定したスムーズな回転が得られます。

また、フロントHUB側ではbikeのバンク時、スピンの進入時等でフロントがスムーズに回転している状態を感じられると思います。
※着地等で速度が0になる場合が一番衝撃が大きい状態なので、転がることでバイク・パーツの消耗は軽減出来ると考えております。


〈cog driver〉
コグ本体も全てCNCによりクロモリから1体物で削りだされております。
最小9t~装着可能
歯数も9t-14t
15t以上は、オプションにて製作可能

〈コグの取付方法〉

コグ側に凸、HUB本体に凹をつくりそれらがはめ合って(3箇所)
ビス・玉押しで固定。


〈シャフト〉

クロモリの一本物より、旋盤にて削り出しにて作製。
その後、浸炭焼入れをし、研磨をし精度を確保。

ボルトタイプは、ボルトはクロモリ(熱処理済)を使い。
中のシャフトはジュラルミンを採用しております。


〈HUBシェル〉

ジュラルミンから旋盤にて削り出し。


〈ベアリング〉

日本が誇る’NTN社’の製品を全て使用。


全て、’㈲鈴木部品’による旋盤で削り出したオールハンドメイドです。

※固定ギアの走行は十分にご注意ください。 公道での使用はブレーキを装着しなければなりません。
なお、乗車前には各部の緩みが無いか確認をして、ご乗車下さい。

back to top